このページでは、Javascriptを使用しています
  • 日本病理学会について
  • 市民の皆さまへ
  • 専門医
  • 病理医への扉
  • 刊行物

新型コロナウイルス感染(COVID-19)病理解剖に関して
*病理解剖を予定している場合には、あらかじめCOVID-19を検査にてご確認ください。
*上記検査が実施できていない場合、あるいは検査によりCOVID-19が確認された患者さんの病理解剖にあたり、国立感染症研究所作成の感染予防策に記載された設備あるいは体制が準備できない場合には、病理解剖を行わないことも推奨されます。
*最終的には各施設のご判断となりますが、感染予防策に準拠しない施設での病理解剖の場合には、病理解剖を担当した病理医及び病理検査技師は「濃厚接触者」の扱いになる可能性があるとのことですのでご留意ください。
学術集会
2020/04/16-18 第109回総会 福岡
2020/11/12-13 第66回秋期特別総会 浜松
2021/04/22-24 第110回総会 東京
2021/11/04-05 第67回秋期特別総会 岡山
2022/04/14-16 第111回総会 神戸
分子病理専門医認定制度について
分子病理専門医認定制度に関してのご案内を公開いたしました。
>>続きはこちら
「希少がん事業」の病理画像・問題・解説公開しました。
希少がん病理組織デジタル画像(WSI)、画像に関する問題及び解説を公開いたします。希少がんの病理診断力の向上に向け、是非ご活用くださいますようにご案内申し上げます。
>>続きはこちら
english
patho_b
shindanbyouri
ゲノム研究用病理組織検体の取扱い規程
ゲノム診療用病理組織検体の取扱い規程
JP-AID AI 病理診断支援
    • 規約ネット
    • 病理診断精度管理