このページでは、Javascriptを使用しています
  • 日本病理学会について
  • 市民の皆さまへ
  • 専門医
  • 病理医への扉
  • 刊行物

新型コロナウイルス感染症を含む病理解剖および病理検体の取り扱いについての指針(日本病理学会 2020年5月18日更新)
今般の新型コロナウイルス感染症でお亡くなりになられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げるとともに、感染の影響を受けられている方々の1日も早い回復を祈念いたします。
5月14日の緊急事態宣言の一部解除、規制緩和の政府方針受け、病理解剖および病理検体の取り扱いについて、日本病理学会の指針を変更いたしますので、ご周知の程、よろしくお願いいたします。
>>病理解剖に関してはこちら
>>病理検体の取り扱いに関してはこちら
【国立感染症研究所より】
>>「COVID-19 死亡例における死後組織検体の検査について」
>>「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の剖検における感染予防策」(会員専用)
学術集会
2020/04/16-18 第109回総会 福岡
 → 2020/07/01-31 オンライン総会

2020/11/12-13 第66回秋期特別総会 浜松
2021/04/22-24 第110回総会 東京
2021/11/04-05 第67回秋期特別総会 岡山
2022/04/14-16 第111回総会 神戸
2022/11/17-18 第68回秋期特別総会 岩手
2023/04/20-22 第112回総会 山口
分子病理専門医認定制度について
分子病理専門医認定制度に関してのご案内を公開いたしました。
>>続きはこちら
「希少がん事業」の病理画像・問題・解説公開しました。
希少がん病理組織デジタル画像(WSI)、画像に関する問題及び解説を公開いたします。希少がんの病理診断力の向上に向け、是非ご活用くださいますようにご案内申し上げます。
>>続きはこちら
english
patho_b
shindanbyouri
ゲノム研究用病理組織検体の取扱い規程
ゲノム診療用病理組織検体の取扱い規程
JP-AID AI 病理診断支援
    • 規約ネット
    • 病理診断精度管理