このページでは、Javascriptを使用しています
  • 日本病理学会について
  • 市民の皆さまへ
  • 専門医
  • 病理医への扉
  • 刊行物

HOME > 病理医への扉 > 研修カリキュラム


研修カリキュラム

2007年5月23日
日本病理学会会員の皆様へ
日本病理学会病理専門医制度運営委員長
黒田 誠
 

 日本病理学会では新臨床研修制度が開始されたのに対し、病理専門医の研修について数年にわたり検討を重ね、研修カリキュラムを考案し、病理専門医研修手帳を作成いたしました。平成19年度より、この研修手帳の使用を開始しております。

 平成19年度に病理専門医研修を開始される方は、必ずこの病理専門医研修手帳をダウンロードしてご使用下さい。挙げられている各研修項 目を履修した段階で、所属研修施設の専門医研修指導医からの評価を受け、履修を証明するために研修手帳の該当項目への捺印が必要です。専門医試験の受験時 には、全ての項目を履修した証明として病理専門医研修手帳の提出が必要となりますので、くれぐれもご留意下さい。

※この手帳を使っての研修は平成17年度医籍登録者から病理専門医受験の必須事項となります。それ以前の医籍登録者についてはこれを義務とはしませんが、是非参考にして下さい。


■ 本年より病理専門医研修登録制度が開始されます。これは病理専門医を目指して4年間の病理研修を開始する、あるいは開始されている先生方に、その旨を学会に登録いただくことにより、現状を把握し、よりよい研修環境の整備を目指すものです。登録された先生方には「病理研修番号」とともに、「病理専門医 研修ファイル」(2穴バインダー・病理専門医研修手帳・その他関係資料一式)を無料配布いたします。
  詳しくは 「病理専門医研修登録」と「病理専門医研修ファイル配布」について をご参照ください。



■ 研修プログラム資料(PDF版のみ)

1.病理専門医研修カリキュラム:4年間の病理専門医研修のカリキュラム概要を表にしてあります。(全1ページ)

2.研修カリキュラムの説明:カリキュラムの内容と、用いられている医学教育用語の説明です。(全3ページ)

3.病理専門医研修手帳:研修証明書、推薦書、研修目標と評価表です。(全33ページ)

4.研修手帳の説明:研修手帳の使用方法、評価の記入方法の説明です。(全4ページ)

5.病理専門医研修要綱(平成26年12月版より)(全30ページ)


■ 病理解剖リスト及び迅速診断リストダウンロード

以下2つのリストは受験申請の際、ダウンロードし、入力したものに差し替えて提出することができます。但しページ数の変更などはせず体裁を必ず守って下さい。

・病理解剖リスト(Excel版)

・迅速診断リスト(Excel版)



?