このページでは、Javascriptを使用しています
  • 日本病理学会について
  • 市民の皆さまへ
  • 専門医
  • 病理医への扉
  • 刊行物

HOME > 日本病理学会について > 宿題報告一覧(2012年以降分)


宿題報告一覧(2012年以降分)


2011年以前分をみる >>

総会回 演者 演題
2017
(平成29)
106
(東京)
片岡 寛章 細胞周囲微小環境におけるプロテアーゼ活性制御とその破綻がもたらす上皮組織の病態
坂元 亨宇 肝細胞癌発癌進展過程の病理学的解析と個別化診断への展開
横崎 宏 組織としての癌 ー 消化管癌の発生、組織形成、進展における癌細胞・間質相互作用の意義 ー
2016
(平成28)
105
(仙台)
小田義直 軟部肉腫の病理病態―形態から分子生物学的アプローチへ
笹原正清 血小板由来増殖因子の作用機序と生体での役割
廣田誠一 Gastrointestinal stromal tumor (GIST) の病態解析と診断
2015
(平成27)
104
(名古屋)
椙村春彦 ヒトがんの個体感受性:病理からの分子疫学的アプローチ
野口雅之 肺腺癌の組織発生と悪性化の病理学
豊國伸哉 酸化ストレス病理学の確立とその疾患予防への展望
2014
(平成26)
103
(広島)
笠原正典 主要組織適合遺伝子複合体をめぐる研究の進歩
竹屋元裕 マクロファージの活性化と病態
加藤良平 甲状腺癌の機能形態学的攻究 ― 甲状腺濾胞の成り立ちから腫瘍まで ―
2013
(平成25)
102
(札幌)
中山淳 糖鎖遺伝子:クローニングから機能解析、そして病理学へ
―α1,4-N- アセチルグルコサミン転移酵素を中心に―
福本学 放射線病理学:トロトラスト症肝がんから起承転開
八木橋操六 糖尿病病理学の進歩
―形態と機能との相関を求めて―
2012
(平成24)
101
(東京)
澤田典均 生体バリアを担うタイト結合の機能病理学
中村卓郎 白血病と骨軟部腫瘍の発生機構:
遺伝子変異とそのネットワーク、発生起源の理解に向けて
上田真喜子 ヒト動脈硬化の病理
-新生内膜増殖とプラーク不安定化のメカニズム-