このページでは、Javascriptを使用しています
  • 日本病理学会について
  • 市民の皆さまへ
  • 専門医
  • 病理医への扉
  • 刊行物

HOME > 病理医への扉 > 病理専門研修プログラム整備基準とモデルプログラムの変更について


病理専門研修プログラム整備基準とモデルプログラムの変更について

平成29年6月
一般社団法人日本病理学会

日本専門医機構が専門医制度新整備指針を策定し、それにともない日本病理学会では病理専門研修プログラム整備基準も変更いたしました。また、整備基準の変更により、病理モデルプログラムも修正いたしましたので、あわせて以下に掲載いたします。






【関連書式】
 関連施設に、研修プログラムへ連携施設として協力していただくにあたり、連携施設代表者(病院長等)に協力依頼に対する承諾書を、基幹施設の研修プログラム責任者に提出していただくことを推奨いたします。記録をきちんと残すことが重要であるのはもちろんですが、連携施設の事務方等にご協力いただく際にも本承諾書があると円滑に話が進められるものと考えられます。研修プログラム責任者は各連携施設の承諾書を保管して下さい。本承諾書の提出は不要です。


?