このページでは、Javascriptを使用しています
  • 日本病理学会について
  • 市民の皆さまへ
  • 専門医
  • 病理医への扉
  • 刊行物

HOME > 新着情報 > 肺癌EGFR遺伝子変異検査の検査精度に関する第1回調査研究のご報告および第2回調査研究への参加協力のお願い


肺癌EGFR遺伝子変異検査の検査精度に関する第1回調査研究のご報告および第2回調査研究への参加協力のお願い

日本病理学会会員各位
日本病理学会・精度管理委員会
委員長 増田しのぶ
担当委員 畑中  豊
桑田  健
大林 千穂
羽場 礼次
鍋島 一樹
中西 陽子

 日本病理学会・精度管理委員会2015年度の活動の一環と致しまして、実施いたしました「体細胞遺伝子検査の検査精度に関する調査研究:肺癌EGFR遺伝子変異検査」が終了致しましたので、ご報告申し上げます.
  ※報告書はこちら(PDF形式)


また2016年度におきましても、引き続き同調査研究を実施することとなりました。
 本調査に参加協力頂けます医療機関の先生方は下記要領にてお申し込みくださいますようお願い申し上げます。 なお調査結果は病理学会ホームページにて公開いたします。

1)調査研究について
  ※実施概要はこちら(PDF形式)

2)調査研究スケジュール(予定:一部変更致しました)
申込受付期間終了致しました
研究事務局からの送付期間2016年10月中旬~10月下旬
各研究協力施設からの返送期間2016年11月上旬~11月中旬
調査結果の解析期間2016年11月下旬~12月中旬
調査結果の開示時期2016年12月下旬予定

3)申し込み方法
  申し込み用紙をダウンロード頂き,以下宛にご送付下さい.
  肺癌EGFR遺伝子変異検査の検査精度に関する調査研究
  研究事務局(受付担当): spath-cdxres@huhp.hokudai.ac.jp
  ※申し込み用紙はこちら(Word形式)

4)お問い合わせ先
  精度管理委員会・担当委員 畑中 豊: yhatanaka@huhp.hokudai.ac.jp

?