このページでは、Javascriptを使用しています
  • 日本病理学会について
  • 市民の皆さまへ
  • 専門医
  • 病理医への扉
  • 刊行物

HOME > 新着情報 > コンサルテーションシステムを利用した研究依頼について


コンサルテーションシステムを利用した研究依頼について

平成28年12月
 日本病理学会学術委員長 髙橋 雅英

 この度、本学会コンサルテーションシステムを利用した研究依頼があり、学術委員会で承認いたしました。
 
 「軟部肉腫病理診断体制構築のためのコンサルテーションシステムにおける診断一致率の検討」
  研究組織:厚生労働省委託事業 希少がん対策ワーキンググループ・四肢軟部肉腫分科会
  申請者:小田義直
  詳細はこちら 申請書PDF

 この研究は個別の標本はもちろん、すべての施設名、依頼者名、コンサルタント名を匿名化した状態で行います。
 この研究へのデータ提供について辞退を希望される依頼者、施設、コンサルタントにおかれては、学会事務局までお申し出下さい。 

   平成29年1月5日(木)まで 

 どうぞよろしくお願い申し上げます。

?