このページでは、Javascriptを使用しています
  • 日本病理学会について
  • 市民の皆さまへ
  • 専門医
  • 病理医への扉
  • 刊行物

HOME > 新着情報 > 第108回(平成31年度)総会における宿題報告担当者の募集と宿題報告担当候補者の推薦について


第108回(平成31年度)総会における宿題報告担当者の募集と宿題報告担当候補者の推薦について

第108回(平成31年度)総会における宿題報告担当者の募集について(公募)

 第108回(平成31年度)日本病理学会における宿題報告担当者を下記の要領により、募集いたします。尚、担当者には「日本病理学賞」が授与されます。
1.応募資格:日本病理学会学術評議員(ただし昭和28年4月1日以降生まれの者)
2.募集人員:3名
3.提出書類:
  ・本HPよりダウンロードした所定の書式に、応募者名、演題名、選考用抄録(1,100字以内)などを記載のこと。ダウンロードできない場合は、日本病理学会事務局まで請求のこと。
  ・講演内容に直接関係のある自著論文50編以内の一覧
  ・代表的な自著論文10編以内の別刷
4.提出先:〒113-0034 東京都文京区湯島1-2-5 聖堂前ビル7階
  一般社団法人日本病理学会事務局 
「宿題報告応募抄録」と明記し、書留郵便等でお送りください。
5.締め切り:平成29年8月31日(消印有効)

なお、第108回日本病理学会における宿題報告担当者は、平成29年秋の学術委員会において厳正・公明に選考し、同年11月の理事会審議にて決定いたします。また、担当者には"Pathology International"への総説論文の執筆、発表抄録の日・英両言語での作成、「病理学の研究でわかること」(http://pathology.or.jp/ippan/info-trans.html)の原稿作成をお願いすることをご承知おき下さい。
本件につきましてご質問がありましたら、日本病理学会事務局または学術委員長までお問い合せください。

日本病理学会事務局:TEL 03-6206-9070 FAX 03-6206-9077 jsp-admin@umin.ac.jp
学術委員長(髙橋雅英):TEL 052-744-2092 mtakaha@med.nagoya-u.ac.jp

<書式のダウンロード>
>>WORDはこちら     >>PDFはこちら

第108回(平成31年度)日本病理学会総会における宿題報告担当候補者の推薦について

 宿題報告担当者については自薦に加えて学術評議員からの推薦を受けております。下記の要領で、宿題報告担当候補者の推薦をお願いいたします。学術評議員から推薦された候補者については、学術委員長名で推薦されている旨をご本人にお伝えし、応募されることをお勧めいたします。

推薦方法:所定の書式に、被推薦者名、演題名(仮題)、簡単な推薦理由、推薦者名、などを記載のこと。
提出先:〒113-0034 東京都文京区湯島1-2-5 聖堂前ビル7階 
一般社団法人日本病理学会事務局
「宿題報告担当者推薦書類」と明記し、書留郵便等でお送りください。
推薦締め切り:平成29年8月4日(消印有効)
       

本件につきましてご質問がありましたら、日本病理学会事務局または学術委員長までお問い合せください。
日本病理学会事務局:TEL 03-6206-9070 FAX 03-6206-9077 jsp-admin@umin.ac.jp
学術委員長(髙橋雅英):TEL 052-744-2092 mtakaha@med.nagoya-u.ac.jp

<書式のダウンロード>
>>WORDはこちら     >>PDFはこちら

?